ワーホリアルLife

人に進められてオーストラリアにワーホリ来たら…どうにかなってるって話。

ブーストモバイル(BOOST Mobile)リチャージ方法

オーストラリアのプリペイド携帯は

アプリから簡単にリチャージすることができる。

しかし私の持っている携帯では

ブーストのアプリをダウンロードすることが

できないので、

私はいつもスーパーに行って

リチャージしている。

その方法を紹介しようと思う。

 

スーパーでのリチャージは

ブーストだけでなく

他の携帯キャリアでも簡単にすることができる。

そしてスーパーでのリチャージ方法は3つある。

 

まずは

プリペイドカードの購入。

iTunesカードやGooglePlayカードみたいに

商品として並んでいるカードから

キャリアや値段を選んで購入する方法。

ブーストのカードは「Reboost card」

と言われるカードが売っている。

らしい。(←うちのタウンにある

唯一のWoolworthsには売ってないから

確認できない笑)

 

次に

インフォメーションで購入。

スーパーのインフォメーションに行って

「リチャージしたい!」って言ったら、 

どこのキャリアか何ドル分か聞かれるから

それ答えたら購入完了。だけwww

 

最後に

ルフレジで購入。

私はいつもこの方法で購入している。

買い物画面に「Recharge」 というボタンがあるので

それを押せば

ブーストやオプタスやテルストラなど

携帯キャリアを選ぶ画面に切り替わる。

そして自分のキャリアを選択したら

プランが出てくるので

40ドルのが良ければ40ドルを選択。

そうすれば他の買い物と一緒に

支払いができる。

もちろんリチャージするだけに

ルフレジを使用することも可能だ。

 

そしてインフォメーションで購入するにしても、

ルフレジで購入するにしても、

レシートにリチャージナンバーが

記載されているので

必ず受け取ることを忘れないように←

 

そしてあとはこのレシートの通りに

ボタンを押すだけ。


f:id:lina2:20170715180451j:image


①「#111#」に発信

②1.Recharge

③2.Voucher

④レシートに記載されている12桁の

「Recharge Auth No」を入力して

はい。終わり。

 

 

「#111#」このナンバーはリチャージ以外にも

自分の通信量の残量や

リチャージした日にちの履歴などを

確認することができる。

 

f:id:lina2:20170715201500j:image

 

西オーストラリア!モンキーマイア観光!

西オーストラリアのシャークベイ(shark bay)

にあるモンキーマイア(Monkey Mia)は

自然のイルカがビーチにやってくると有名で

朝からたくさんの観光客が

ビーチに訪れる。

ビーチにやってきたイルカに

毎日3回エサをあげるのだが、

エサを食べに来る時間はイルカ次第。

そして自然のイルカなので

1日に3回エサをあげたら、

それ以上はエサをあげることはない。

そしてその3度のお食事タイムは

ほぼ午前中で終了する。

 

 

そして自然のイルカなので

いくら待っていても

ビーチに来ない日だってある。

でもそれは年に数日らしいので

確率的に365分の3くらい(笑)

なので高確率で1日に1度は姿を現す。

それでも1日に1度しか来ない日もあるので

とにかく朝早く行くことをおすすめする。

 

私たちは朝8時頃にモンキーマイアへ到着した。

到着した時には物凄い数の観光客がいた。

そして私たちが到着した時には

もう1匹のイルカが遠くの方に見えていた。

「すご~い!イルカ来たよ~!」と

どんどんイルカはビーチに近づいてきて

みんなの足元までやってきた。

観光客の興奮は最高潮に。

そしてイルカはこちらに顔を覗かせた。


f:id:lina2:20170715154159j:image 

「わあぁぁぁ~・・・・」


f:id:lina2:20170715154240j:image

「え?・・・キモくない?笑」

「なんか目・・・怖くない?笑」

いやいや自然のイルカだけど

一芸覚えている。

そして係員のお姉さんが海に入って

観光客に向けて説明を始めた。

コチラに顔を覗かせた彼の名はパック

説明している間もパックはお姉さんの足に

スリスリしながら泳いでいる(笑)

自然のイルカと言いながらも人に慣れすぎている。

お姉さんの説明は約20分ほど。

その間にぞくぞくと他のイルカたちもやってきた。

f:id:lina2:20170715155127j:image

"〇〇ファミリーが来ましたよ~"

なんてお姉さんは背びれ見たら

どのイルカか判断できるらしい。

お姉さんの長い説明が終わって

最後には選ばれしお客さんが

イルカにエサをあげることができる。

私はお姉さんに頑張ってアピールしたが

選ばれることはなかった。

そして後に子供と老人とカップルが

選ばれる確率が高いと知ることになる(笑) 

エサを食べ終わるとサッサと帰って行く

イルカたち。

私たちは2回目も見ることにして

時間潰しにお土産でも見に行こうと

オフィスの辺をウロウロしていた。

そしたらなんとすぐに1匹のイルカが

ビーチに姿を現したのだ。

ビーチに近づいて見たら


f:id:lina2:20170715155159j:image

…パック。

いや、絶対沖に帰るふりしただけで

タッチして戻って来ただけやん(笑)

しかもめっちゃ悪そうな顔をしている。

お姉さんも「もぅ来ちゃったの~」と言いながら

来てしまったからには仕方ないので

またすぐエサをあげる前の説明が開始された。

2回目は観光客がグッと減る。

半分以下に減る。

なので1回目で近くで見ることができなかった人は

2回目も見ることをお勧めする。

 

お姉さんが説明をしていると

またぞくぞくと他のイルカたちが集まってきた。

相変わらずパックだけはお姉さんの足に

スリスリ(笑)

またイルカたちはエサを貰うと

サッサとビーチから去って行った。

 

ここまで来たなら3回目も見ようということで、

私たちはビーチ沿いにあるカフェへ。

そうしていると何か大きなものが

歩いている。


f:id:lina2:20170715154714j:image

なんとエミューだ。

全く人を怖がることなく

人の間を堂々と歩いている。

もはやこっちが怖い。

こんな大きな鳥がウロウロしているなんて

ほんとオーストラリアらしい光景だ。

 

そして待つこと約1時間。

1匹のイルカが姿を現した。

本日最後のお食事タイムだ。

この時にはもう観光客は数人。

そしてビーチにやってきたイルカは…


f:id:lina2:20170715154720j:image

もちろんパックだ(笑)

パックは人間に媚び売って、

狩りもせずに

お食事タイムに頼りきっている気がする。

こうすれば喜ぶでしょ?と

いつものように顔を覗かせる(笑)

なんてヤツだ。

 

帰り道にオフィスの表を確認したら

パックは毎日3食ビーチに訪れて

皆勤賞だったのだ(笑)

f:id:lina2:20170715160809j:image

こちらはオフィスに置かれている表で、

1週間の間にどのイルカが来たのか、

何時に来たのか、

観光客は何人来たのかなど記載されている。

 

私のモンキーマイアの思い出は

ほぼパックに持っていかれた。

後に知ったが

モンキーマイアのパンフレットや

みんなが上げているSNSなど

とにかくどの写真もパックだらけだ。

と言うことで皆さんもぜひ

モンキーマイアへ

パックに会いに行ってほしい。

 

※モンキーマイアはパック以外にも

たくさんのイルカや

エミューペリカン、ウミガメなど

見ることができ、

海もとても綺麗で

ゆっくりとできるビーチリゾートです。

 
f:id:lina2:20170715155245j:image
f:id:lina2:20170715155314j:image

 

 

その他シャークベイ、カルバリー観光

についての記事はコチラ↓

 

 西オーストラリア!カルバリー観光! - ワーホリアルLife

西オーストラリア!シャークベイ観光! - ワーホリアルLife

 

 

オーストラリアの携帯キャリアBOOST Mobileを使ってみた

私が使っているオーストラリアの携帯キャリア

ブーストモバイル(BOOST Mobile)について

紹介しようと思う。

元々オプタスの携帯を持っていた私は

引っ越し先のファームが

オプタス圏外だった為に

携帯のキャリアをテルストラに

変えなければならなくなった。

詳しくはコチラの記事へ↓

オーストラリアで携帯キャリアをOptusからBOOSTにを移行したワケ - ワーホリアルLife

 

そして私はタウンに携帯ショップがなかったので、

様々な携帯を扱っている

電気屋さんのような店に行った。

そこで店員さんに事情を説明して、

進められて購入したSIMカード

ブーストモバイルと言う会社のものだ。


f:id:lina2:20170708154317j:image

 

そして店員さんに進められるがまま

オッケ〜安くて電波に問題ないなら

これ買っちゃうよ〜

なんてとりあえずブーストモバイルの

SIMカードを購入(笑)

 

ブーストモバイルは

テルストラと同じ電波回線を使っているので

電波状態に関してはテルストラと全く同じ。

移動先の家でも問題なく電波は届いた。

そして月額の値段が

大手キャリアに比べて格段に安い。

住む家にWi-Fiがない

私にとって通信料が安ければ安いものがよかった。


f:id:lina2:20170708152430j:image

(↑Wi-Fiなくてパソコン使えないから

プリントしたやつの写真でごめんw)

 

2017年7月現在でプランは4種類。

28日間有効のプリペイドカードで

30ドルのプラン

3GB anytime+1GB everyweekend=7GB/28日

40ドルのプラン

5GB anytime+1GB everyweekend=9GB/28日

 などなど。

通話とメッセージはもちろん無制限。

そしてなんと一部海外への通話も無料。

韓国あるけど日本ない(笑)

この感じだと日本への通話も

近いうちに無料になりそうな気もするけど。

(※weekendの仕組みについては後ほど)

 

ちなみに前回使っていたオプタスは

30ドルで3GBだった。

なんだこの差は。同じ値段で通信量が倍以上違う。

安すぎる。

しかしこんなに安い訳にも事情あり。

2つの事情あり←


事情1つめ!

通信量が余ってしまっても繰り越しがない!

オプタスやテルストラの場合は

28日以内に通信量が使えきれず

余ってしまった場合、

次回に繰り越すことができる。

もし"今回5GB買ったけど2GB余っちゃった!"

って場合には余った分の2GBが

次回に繰り越されて、

リチャージした分の通信量に加算される。

しかしこのシステムがブーストにはないのだ。

もし通信量が余ってしまっても、

期限が来れば消滅してしまう。

次回に繰り越されることはない。

 


事情2つめ!

謎のweekendシステム(笑)

ブーストで特徴的なのがこのシステム。

例えば30ドルのプラン

 

30ドル

3GB anytime+1GB everyweekend=7GB/28日

f:id:lina2:20170708154639j:image
f:id:lina2:20170708155247j:image

 

内訳が3GB anytime(いつでも使える3GBです)

それにオマケして

1GB everyweekend(毎週末には1GBあげますよ)

となっている。

プリペイドカードは28日間有効だから

1度リチャージしたら

その間に4回の週末がやってきますよね。

なので週末分は合計したら4GB。

それにanytimeの3GBを足せば

実質28日間に7GB使えるということ。

 

週末に1Gづつ貰える訳なんですが、

重要なポイントが

金曜日21:00〜日曜日23:59までの間だけしか

週末の1GBは使えません!!

ってこと。

毎週金曜日の21:00に1GBは貰えます。

が、しかし!

anytimeに加算されるわけではない。

もし金曜日に貰った

1GBを日曜日の23:59までに使い切れなかったら、

月曜には繰り越されずに消滅。

逆に日曜の23:59までに週末の1GBを使い切ったら、

それ以降の通信量はanytimeの通信量から

引かれてく。という事です。


f:id:lina2:20170711232049j:image

簡単にanytimeの残りの通信量、

weekendの残りの通信量は

確認するとこができる。

ちなみに平日(月曜0:00〜金曜20:59)は

もちろんweekendの所の表記はない。

1GBなんて動画とか見続けたり

長い時間テレビ電話とかしない限り

2日間では簡単に使いきれない通信量けど。

 

そんなことでブーストモバイルの

説明をさせて頂きましたが、

とにかく毎月物凄い通信量が必要なんだ

って人にはおすすめ!

大手キャリアに比べて格段に安いし。

私みたいにWi-Fiがない人にもってこい。

そして田舎行く予定の人。

田舎はシェアハウスにも

タウンにもWi-Fiなかったりするので←

まぁベストはWi-Fiがない環境で

週末休みの仕事に就いている人だな(笑)

 

 

他にもオーストラリアの携帯キャリアは

大手3社以外にもたくさんあります。

たくさんの情報を集めて、比較して、

自分のニーズに合った携帯キャリアを選びましょう!

 

ブーストモバイルのリチャージ方法の記事はコチラ↓

ブーストモバイル(BOOST Mobile)リチャージ方法 - ワーホリアルLife

 

オーストラリアで携帯キャリアをOptusからBOOSTにを移行したワケ

オーストラリアに来てまず手に入れたいのが

オーストラリアの携帯の電話番号!

しかしどのキャリアにすればいいのか

わからな〜い。

と言う方はオーストラリアの携帯キャリアについて

詳しく書かれている

他のブログを参考にしてみて!!(丸投げ)

軽くまとめるとオーストラリアの

大手キャリアは

Telstra(テルストラ)

Optus(オプタス)

Vodafone(ヴォーダフォン)の3つ。

その中でいくつかのブログを読むと

テルストラかオプタスの

2択になりましたよね?笑


f:id:lina2:20170706152414j:image

「テルストラは電波の範囲が広いが

料金が少し高い」

「オプタスは電波の範囲が狭いが

料金が少し安い」

と言うことらしい。


私はオーストラリアに来て

初めに使った携帯キャリアはオプタス。

なぜ私がオプタスを選んだかと言うと

"ワーキングホリデーに人気なのはオプタス!"

って誰かのブログ記事に

書いてあったから。←だけ

でも買ってからすぐに後悔してたんだ。

なんせシェアハウスにはWi-Fiがあって

ほとんど通信量を使わなくて

月額の携帯料金が物凄く安く済んでいたから。

この通信量ならどっちにしろ安いから

少々高くても電波の良いテルストラに

しておいてもよかったのかな〜と。

あと家の中とかでも

オプタスは電波が少し悪かったので。

 

そんなことを思っているうちに

私はオプタスを使い始めて1ヶ月半で

携帯キャリアをオプタスから

変更しなければならない状況に陥った。

それはなぜかというと

ファームの仕事が見つかって

ファームステイをすることになって、

その滞在先がなんと

オプタス圏外…( ゚д゚)

そのうえWi-Fiもなし…( ゚д゚)

テルストラなら電波は拾えていたので

携帯キャリアを変えなければならなかった。

しかし私は以前に携帯本体も

オプタス専用のプリペイド携帯を

買ってしまっていたから、

本体も新しいものを購入するハメに…無駄な出費。

忠告するけど

ほんの少しでも田舎に行く可能性がある人は

オプタスはやめときな(笑)

車で走れば一目瞭然。

オプタスは街から離れたら

すぐに圏外になるから。

そしてキャリア専用のプリペイド携帯とか

買わないほうがいいよ。

いつ何があってキャリアを変えるかわからないし、

ケチって130ドルの安いプリペイド携帯を買ったら

画面の反応めっちゃ悪いし。(←自己責任w)

あと日本に持ち帰っても使えるし、

もしいらなくなっても売れるし。

ケチらずSIMフリーを買うことをおすすめするよ。

 

てなことで今回は奮発して

SIMフリー携帯に買い換えた!

と言ってもサムスンのGALAXYを

230ドルで購入。安い。

カメラの画質はiPhoneXperiaには劣るけど、

他はなんの問題もなくサクサク使える。

 

ということで私は携帯キャリアを

オプタス(Optus)から

テルストラ回線である

ブーストモバイル(BOOST Mobile)に

変えることになった。

 

その経緯やブーストモバイルについての

記事はこちら↓

オーストラリアの携帯キャリアBOOST Mobileを使ってみた - ワーホリアルLife

 

西オーストラリア!シャークベイ観光!

カルバリー観光を終えて

次に私たちが向かったのは

デナム(Denham)という街。

デナムとはシャークベイ(Shake Bay)という

西オーストラリアで

最初に世界遺産に登録された地域の中心にある街だ。

シャークベイにはハメリンプール、

シェルビーチ、モンキーマイアなど

世界でも珍しいものが見られる観光名所が

点在している。

カルバリーからデナムまでは

車で約4時間かけて行くことができる。

 

まず初めに私たちが寄った場所が

ハメリンプール(Hamelin Pool)

ここで見ることができるのは

ストロマトライトと言われる世界最古の生物だ。
f:id:lina2:20170705183850j:image

しかしまず驚いたのは海の綺麗さ。

いや〜ほんと綺麗すぎる。キラキラ。

しかし海の綺麗にも負けず劣らずの

素晴らしい歴史を持っているのが

このストロマトライト(岩みたいなやつ)。

この生物は約35億年前から生息し、

1年に約0.3mm~0.5mmずつ成長しながら

現在のこの姿になったと言われている。

そしてなんと生きている

ストロマトライトを見ることができるのは

世界中でもここだけ!!!!

ここだけだよ!!!!!


f:id:lina2:20170705183939j:image

見かけはただの岩だけど

この生物から地球の酸素作りが始まったと考えると

レベルが高すぎて言葉にならない。

もし干潮ならば水からむき出しの

ストロマトライトを見ることができる。

また風のない干潮じゃない時間がなら

綺麗な海が見れる。
f:id:lina2:20170705184626j:image

 

 

続いては

シェルビーチ(Shell beach)

名前の通りここのビーチはなんと

ビーチが砂でなはなく

全て貝殻でできている!
f:id:lina2:20170705184815j:image

100kmも続くビーチは

全て貝殻が蓄積されてできていて、

なんと深さ10mまで貝殻らしい。

こんな素敵なビーチが見られるのはなんと

世界で2か所だけ!!!たった2ヶ所だけ!!!!

ず~っと遠くまで続く真っ白な砂浜。…貝浜。

そしてこちらも文句なしの綺麗な海。
f:id:lina2:20170705184846j:image
f:id:lina2:20170705184907j:image

いや〜こんな素敵なビーチを

素敵な彼と素敵な貝殻を

探しながらお散歩とかしたいねぇ〜…

貝殻で下からの照り返しもすごいので

しっかり日焼け止めを塗って行きましょう。

 

そして私たちは宿泊先デナムに到着した。

地図を見て頂くとわかるが、

ハイウェイからデナムに行くまでに

ハミリンプールとシェルビーチがある。

ハイウェイを外れてから約30分でハミリンプール、

そこか約30分でシェルビーチ、

そこから更に約30分でデナムに到着する。

 

私たちが宿泊したのがこちら↓

「Denham Seaside Tourist Village」

http://www.Denham.com/ Seaside Tourist VillageDenham Seaside Caravan Park, 1 Stella Rowley Dr, Denham WA 6537(08) 9948 1242http://maps.google.com/?cid=4690950154919977416&hl=ja&gl=jp

 

このキャラバンパークは目の前にビーチがあり、

まるでリゾート地の高級ホテル的な立地条件。

バスルームもさっぱりしていて

キッチンも綺麗だった。

だが1つだけ問題がある。

水道やシャワーが塩水( ゚д゚)

しかしこれはデナムにある

キャラバンパーク全てに共通するから仕方ない。

そんなことを忘れて朝寝ぼけたまま

歯磨きしてうがいをした日には

びっくりするほどマズくて噴き出す。

ので気をつけましょう。

  

そして私たちは翌日

自然のイルカがビーチにやってくる

モンキーマイアへ出かけた。

 

モンキーマイアの記事はコチラ↓

 西オーストラリア!モンキーマイア観光! - ワーホリアルLife

西オーストラリア!カルバリー観光!


私はズッキーニの収穫が始まるまで

あまり仕事がなかったので、

あえてボスから数日間の休暇をもらって、

ペニー夫妻と共に

カルバリー(Kalbarri)と

シャークベイ(Shark Bay)に

観光に行くことになった。

 

私はカルバリー

シャークベイに行くのは初めてで

そして私が日本を出る前から

西オーストラリアの中で

1番観光で行きたかった場所だ。

ここに行けば西オーストラリアに未練はない

なんて思ってた場所でもある。

そしてラウンドも経験している

ペニー夫妻と共に旅行に行くのは

私にとって大船に乗ったような安心感だった。

 

 

西オーストラリアの中では

とても有名な観光地のカルバリー

私の住むカナーボンからは車で約6時間。

パースからだと車で約7時間くらいだろう。

 

まず私達が向かったのは

ハット・ラグーン(Hutt Lagoon)という湖。

ここは通称ピンクレイクとも

言われていて

湖の水がピンク色に見えるのだ。

水がピンク色に見えるのは

塩分濃度が高いため

バクテリアが体の中で

赤いカロチンを生成するから…らしい。

 

しかしハット・ラグーンに到着して

私達は驚愕した。

なんと、湖にあるはずの水がなかったのだ( ゚д゚)
f:id:lina2:20170702152027j:image

水がない湖なんてもはや湖じゃない!!!

と言いながらも

干からびた湖の上を駆け回ってはしゃぐ大人。

f:id:lina2:20170702160305j:image
f:id:lina2:20170702152133j:image

 

水がなくてもピンクはピンクだったので

これはこれで綺麗だった。

少し残念だったが

ウユニ塩湖のピンクバージョンだね〜

なんて言いながらハット・ラグーンを去った。

 

 

私達はカルバリーの街に着いて宿の確保をした。

こちらのキャラバンパークにチェックイン

Kalbarri Tudor Holiday Park

Google マップ

シャワーとトイレが新しくてピッカピカだった。

しかもトイレとシャワーが完全個室で

もはやホテルのバスルームより綺麗で

広々としていた。

オーストラリアで数々の

キャラバンパークに宿泊してきたペニー夫妻も

個室のバスルームは初めてだと

驚いていた。

と言うことでこちらのキャラバンパーク

めっちゃおすすめ

 

 

そしてチェックインを済ませて

私達はカルバリー観光のメイン

ネイチャーズウィンドウ(Nature's Window)

へ向かった。

ネイチャーズウィンドウへ行く道は

オフロードだが2駆でも行くことが可能だ。

私たちが行った時には道路の工事をしていた為

近いうちにアスファルト

引かれると思う。(予想)

 

ネイチャーズウィンドウを見るには

数時間かかるトレッキングコースと

10分ほど歩けばすぐにネイチャーズウィンドウを

見ることができる短めコースの2つがある。

私達は時間などの関係で

短めのコースを選択。

駐車場に車を停めて数分歩いた。

 

そしてそこに広がって見えたのは

息をのむような絶景だった。

地平線まで続く森に

その間を縫うように流れる川。

そこには全く人間の手が加えられてない

見事な大自然が広がっていた。


f:id:lina2:20170702151741j:image

f:id:lina2:20170702151826j:image

私は終始"すげぇー!!!"しか言ってない。

凄すぎるからそれしか出ない(笑)

 写真では伝わり切らないのが残念だけど

ほんと360°

ザ!!!!オーストラリア!!!!!!

って感じの壮大な景気なんだ。

 

そして「すげぇー!!!すげぇー!!!」と

言いながらさらに歩くこと数分…

メインのネイチャーズウィンドウが見えてきた。
f:id:lina2:20170702151940j:image
f:id:lina2:20170702155321j:image

巨大な岩にポッカリと空いた穴。

とても信じられないが

これが自然の力で長い年月をかけてできた窓だ。
f:id:lina2:20170702155619j:image

ここで見た景色は

私がオーストラリアに来てから

1番感動した景色だった。

今までも綺麗な海や星空や砂漠など

感動するような景色は

たくさん見てきているけど、

地平線まで続く大地に壮大な渓谷、

今までの人生で1度も見たことのない、

そして日本では絶対見ることのできない

素晴らしい景色だった。

いつまでもずっと見てられるような景色だった。

ほんとにいつまでも見ていられるので

キリがないから惜しみながら

ネイチャーズウィンドウを後にした。

 

 

そこから私たちが向かったのは

海側にある崖だ。

ここにはたくさんのLookoutがある。
f:id:lina2:20170702151712j:image

全て回った訳じゃないが

回った中でおすすめするのがポットアレイと

ナチュラルブリッジ&アイランドロックだ。

この2ヶ所はぜひ寄って欲しい。

 

Pot Alley

ここの土は赤色。

夕日に照らされる赤土がとても綺麗だった。

そしてビーチに降りるまでの道中が

面白かったので

ぜひビーチまで降りてみて欲しい。


f:id:lina2:20170702152320j:image
f:id:lina2:20170702155345j:image

 

Natural Bridge&Island Rock

回って見た中でここが1番凄かった。

高い崖に強く打ち付ける波。

そして大きな崖の地層を見ていると

地球の息吹を肌で感じることができる。

ここは自分たちが海を見下ろせる位置も高いので

とても素晴らしい景色を堪能することができる。


f:id:lina2:20170702152344j:image
f:id:lina2:20170702152406j:image

 

その他の場所も参考に

Shell House And Grandstand
f:id:lina2:20170702152510j:image

 

Mushroom Rock
f:id:lina2:20170702155441j:image

 

Red Bluff
f:id:lina2:20170702152537j:image
f:id:lina2:20170702152557j:image

結局ど何処も素晴らしいんだよ(笑)

同じ沿岸なのに地質が違ったり

見える景色も違うので

全てをゆっくり回ってみるのも

良いかもしれない。

 

その日はカルバリーで宿泊し

翌日シャークベイに向けて私たちは走り出した。

 

その途中にカルバリー国立公園にある

Hawks Headに立ち寄った。

ここは少し街から離れているので

行き道か帰り道に寄ると良いだろう。
f:id:lina2:20170702155557j:image

 

 

シャークベイ観光の記事はコチラ↓

 西オーストラリア!シャークベイ観光! - ワーホリアルLife

バギオから行くイロコス観光(ビガン.ラワグ)



イロコス州とはルソン島の北部に位置する州で、

バギオからは車で約8時間ほどで行ける。

私たちは運転手付きのバンを予約して、

金曜の夜から土曜の朝にかけて現地に向かった。

山を抜けるまで2時間ほど激しい山道が続くため

心配な方は酔い止を買っておこう。

酔い止めに関してはコチラの記事を参考にどうぞ↓

 

lina2.hatenablog.com

 

 

私たちの日程は1日目(土曜日)

ブルーラグーン

バンギ・ウィンドミル・ ファーム→

カプラプラワン・ロックフォーメーション→

ラワグ→パオアイ砂丘→

サン・アグスティン教会→ビガン

2日目(日曜日)

ビガン→バギオ

日曜日の夜は学校の門限が22時だったので

1日目に偏るスケジュールとなった。

しかしイロコスの全てを楽しめる

完璧なスケジュールだと思う。

 

 

『Blue Lagoon』

Google マップ

ブルーラグーンではサンライズを見ようと

言うことで現地に向かったが、

天気は曇りで見ることができなかった。

ここにはホテルもいくつかあり、

お土産屋さんも立ち並んでいて、

たくさんの観光客がいた。

私たちは少し海を眺め朝食を食べて

ブルーラグーンを後にした。


f:id:lina2:20170625154839j:image
f:id:lina2:20170625154856j:image

 

 

『Bangui Windmills』

Google マップ

ビーチに果てしなく続く風力発電機。

日本だと風力発電機の真下には行けないが、

ここなら行ける。

風車に直接触れることができる。

ブンッブンッと風車の音を聞きながら、

クルクルと回る風車を

ボーっと見ているだけで楽しかった。

きっとこの先、

人生でここに来ることはないけど、

もしどこでもドアが開発された日には、

是非またここに来たいと思えるくらい

素敵な場所だった。


f:id:lina2:20170625154919j:image
f:id:lina2:20170625154928j:image

 

 

『Kapurpurawan Rock Formation』

Google マップ

自然の波の力で変形した岩。

すごいけど、けど、ただの岩(笑)

イロコスではとても有名な観光地だから

行くべきだけど、

私の場合はそこまで感動はなかった。


f:id:lina2:20170625155003j:image

 

 

 

ラワグ市街
『オーロラ・パーク』

Google マップ

『Sinking Bell Tower』

Google マップ

ベルタワーの中に入れる訳でもなく、

ここでは写真撮って終了。

暑かったし滞在時間15分くらい。

でもオーロラ・パークでは

結構イケてる写真が撮れる。


f:id:lina2:20170625155026j:image
f:id:lina2:20170625214119j:image

 

 

『Paoay Sand Dunes Adventures』

Google マップ

ここではJeepの後ろに乗せてもらって、

広い砂丘を駆け抜けることができる。

坂や丘などに物凄い勢いで突っ込んで行く。

手すりから手を離したら

一瞬で体ごと吹っ飛ぶような

勢いのある荒い運転だ。

日本では、なんでも第一に安全性だから、

こうゆう容赦ないエンターテイメントは

海外らしくて大好き。

途中で下ろしてもらって、

記念撮影やサンドボードなどをさせてもらった。

とても楽しかったので是非とも経験してほしい。


f:id:lina2:20170625155129j:image
f:id:lina2:20170625155146j:image

 

 

 

『Paoay Church Bell Tower』

 Google マップ

私たちは時間の関係でここには行けなかったが、

是非とも行くべき(笑)

 


『Vigan』

Google マップ

16世紀のスペイン統治時代の街並みが

今も残るビガン。

この街並みが世界文化遺産に登録されている。

街の中心では夜7時から噴水ショーが開催される。

これを見るためにたくさんの観光客が

公園の噴水の周りへ集まる。

私達も友達に

"夜にビガン行かないと意味がない"と言われ、

なんとか夜にはビガンに到着するように

計画を立てた。

 

噴水ショーは水がライトやレーザーに照らされて、

音楽のリズムに合わせて噴射される。

想像より綺麗だった。

まるでラスベガスに来たような気持ちになれる←

私たちが宿泊したのはこのホテル↓


『ホテル・ベネト・デ・ビガン』

https://g.co/kgs/TMWv5M

このホテルは街中にあり、客室は綺麗で、

ビガンらしい雰囲気のあるホテルだった。

しかしシャワーとトイレが

他の宿泊客と共有だった。

ここのホテルは2棟に別れていて、

私たちは本館じゃなかったので、

本館のことはよくわからない。


f:id:lina2:20170625155213j:image

f:id:lina2:20170625155337j:image

 

そして翌日は

馬車に乗りビガン観光をしたり

買い物などを楽しんで

バギオに帰った。


f:id:lina2:20170625213246j:image

f:id:lina2:20170625213312j:image

 

移動時間が長い為

観光するのは少し大変だが、

マニラから観光で行けるような場所ではないので

バギオに滞在している間に

ぜひイロコス観光を楽しんでほしい。