読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーマントル観光


フリーマントルという街はパースから

電車で約30分の港町だ。

街並みはまるでヨーロッパのようで

たくさんのカフェが立ち並び

昼間からみんながコーヒーを楽しんでいる。


f:id:lina2:20170330200344j:image

私はパースから移動しここに約1ヶ月滞在した。

 

 

私がおすすめする観光地は

フリーマントル刑務所だ。
f:id:lina2:20170330023342j:image

ここは様々なツアーが用意されている。

私が選んだのは2つ。

刑務所の中だけを見学するツアーと

刑務所の外周を中心に見て

中も少し見学できるツアーだ。


f:id:lina2:20170330195827j:image

ツアーの参加費は20ドル。

そしてもし2週間以内に再入場すれば

わずか8ドルで違うツアーに参加することができる。

私の場合は1つ目のツアーが終わってすぐ

そのまま次のツアーに参加した。

1つだけツアーを選ぶなら

刑務所の中だけを見学するツアーがおすすめだ。

事前にツアーの時間を調べて

現地に向かうと効率が良い。


f:id:lina2:20170330023444j:image

 

他には脱走を試みた囚人が掘ったトンネルに行けるツアーや

夜になればナイトツアーが楽しめる。

ナイトツアーは値段が高く、

トンネルツアーは中をよく見学できないため

あまりおすすめできない。

 

ツアーには日本語ガイドも付いているので

私のように説明がわからない人も安心だ。

 

 

この刑務所は1990年頃まで使われていたため

外見も内装もとても綺麗で

まるで映画の世界に飛び込んだような気持ちになれる。


f:id:lina2:20170330023735j:image

 
f:id:lina2:20170330023609j:image


f:id:lina2:20170330023628j:image

 

中を見学するツアーでは大トリとして

実際に使われていた死刑台を見ることができる。

死刑台のある部屋にに入った瞬間に空気が重く感じた。

ロープ以外は全てがリアル。

ほとんどの人は写真を撮っていなかったが

私のような変わり者数名は

恐る恐る死刑台を写真に納めていた。

死刑台の仕組みや死刑執行の時のルール、

ここで何人の死刑が執行されたか

と言うような説明などを聞き

重い空気でツアーは終了した。

でもとても面白かったので是非行って欲しい。

 

 

そして金・土・日には

フリーマントルマーケットがオープンしている。


f:id:lina2:20170330024014j:image

ここでは食事やおみやげ、

新鮮な野菜や果物を購入することができる。

中でもワッフル屋さんやクレープ屋さんには

いつも人が集まっている。

そして甘~いマンゴーや桃を試食できる。

 

フリーマントルは港町のため

食事で有名なのはフィッシュ&チップス。

中でも海沿いに並ぶレストランは昼も夜も賑わっている。

 

私がおすすめするレストランは

Run Amuk

https://goo.gl/maps/AGsNni8fW9K2

ここのホットドッグがすごく美味しい。


f:id:lina2:20170330195915j:image

もしフリーマントルに立ち寄ったら是非食べて欲しい。

少しフリーマントルの街から離れているが

ここにはキャットバスで行くことができる。

 

また近くのSouth Beachでは海水浴が楽しめる。

北側はドッグビーチで南側が普通のビーチ

に別れている。


f:id:lina2:20170330195957j:image

 

そして夕方になるとインド洋に沈む綺麗な夕陽を

見ることができる。

私はフリーマントルに来て初めて見た夕陽に感動し

暇があれば何度も何度も夕陽を見に行った。

そして私は最高の夕陽を見れるタイミングを知った。

空に少し雲のある日、夕陽が沈んだ10分後、

雲が夕陽に照らされ雲と海がピンクに輝く。

これは僅か1分ほどしか見られない

最高の景色である。

 


f:id:lina2:20170331174701j:image
f:id:lina2:20170331174348j:image

 

パース観光に来た人は

是非フリーマントルに立ち寄って欲しい。