ワーホリアルLife

人に進められてオーストラリアにワーホリ来たら…どうにかなってるって話。

地獄のプルーニングで腰がブッ壊れた話

ズッキーニの葉のプルーニング作業が始まった。

1番下に生えているズッキーニの葉を

ナイフで全て切っていく作業だ。

剪定することにより苗の風通しが良くなり、

害虫や病気から守られるうえ、

葉と葉に埋もれたズッキーニが見やすくなって

ピッキングの効率も上がるのだ。

私たちは毎日ズッキーニのピッキングが終わった後に

1〜2時間ほどプルーニングの作業をした。

1つのウネが200mもあるので

3人でやっても1日に2〜3列しか進まなかったが

私たちはボチボチと進めて行った。

このプルーニング作業は

ずっとかがんだまま1番下の葉っぱだけを

バサバサと切っていくため、

とても腰が痛くなる。

でも毎日休みなく仕事があるから

体を休ませるヒマが全くない。

腰痛に加えて足も筋肉痛で

毎日仕事が終わる頃には全身ボロボロで

「明日には体が動かない〜」と嘆いていた。

↑と思ってるだけで翌日体は動く(笑)


しかしある日その時が来てしまった。

昼間のピッキング作業中から

いつもより腰が痛いのは感じていた。

でもいつもより痛いだけで

明日になれば治るだろうと思っていた。

全体のプルーニング作業も終盤で、

あと2日ほどで終わるからと言い聞かせ

その日はそのまま最後まで作業をこなした。

そして仕事が終わり私は異変を感じた。

腰がもげるように痛い( ゚д゚)

立ってても座ってても寝てても痛い。

ただ歩くだけで激痛が走る。

数時間経ってもその状態が続いた。

その夜は何度も激痛で目覚め

よく眠ることさえできなかった。

 

そして翌日…仕事どころではなかった_| ̄|○

数分ピッキングしただけで

もぅ唸るような痛さに襲われた。

その日はピッキングをせず

台車を引くだけの係をして、

プルーニングも休んだ。

今までの腰の痛みとは全く違う。

左側の背骨の横のピンポイントだけ

異常に痛かったのだ。

負担をかけているせいか左足もおかしい。

調べるとヘルニアの初期症状に

かなり似ていて…( ゚д゚)ガクブル

もしヘルニアになれば働くどころか

歩くことさえできなくなる。

腰なんて1度壊したら一生の付き合いになる。

こんなところで腰の人生を棒に振りたくない(笑)

 

私はその日からペニー夫妻に

すべてのピッキングをしてもらい、

私は台車を引くだけという役割となった。

3日経過しても症状は変わらず

私はついに病院に行くことを考えた。

ここが大都市なら速攻病院に行っていたんだけど←

なぜ病院に行くのを渋るのかと言うと…

ここはド田舎カナーボン。

カナーボンに住んでいるみんなは

普通に利用しているのだろうけど…

不安しかない(笑)

そのうえ私は英語力がないので

医療用語を並べられても

確実にチンプンカンプン(笑)

あと海外保険を利用するのが面倒くさい(笑)

そんなことで病院行きを渋っていたが、

週末までに良くならなかったら

病院に行こうと決めていた。

 

私はボスに貰った

"塗っておけば筋肉痛が翌日にはスッカリ治る"

と噂の魔法のジェルを朝昼晩と塗りまくった。
f:id:lina2:20170814144932j:image

そしてペニー夫妻もらったピップエレキバン

痛い所に集中させて貼りまくった。
f:id:lina2:20170814145016j:image

そしてペニー夫妻に借りた

猿のぬいぐるみの湯たんぽ(名前:もん吉)

の内臓を借りて、

仕事以外の時間はずっと

もん吉の内臓で腰を温め続けた。
f:id:lina2:20170814144949j:image

 

そんな願いが届いたのか4日目には

少し良くなった気がした。

何故なら朝まで1度も

痛みで起きることがなかったのだ(笑)

それから翌日もまた少し良くなった。

そんな感じで私はどんどん回復し

約2週間かけてほぼ完治した。

 

一時は本当にどうなることかと思った。

もしこのまま治らなければ

みんなに迷惑をかけるだけなので

このファームを去って

何処かへ移動するとこも考えた。

みんなの協力もあり

腰を使わずに仕事をやってこれたことが

1番の回復への近道だったと思う。

私の腰のために色々協力してくれたり、

たくさん働いてくれたペニー夫妻。

戦力外通告どころか

毎日のように心配してくれたボス。

ほんと働いていた環境に助けられた。

改めてこのファームに来てよかったと心から思った。

もし私が他のファームで働いていたなら

仕事を失っていたか、

腰の将来を失っていただろう(笑)