ワーホリや留学で長く日本を離れる人の奨学金返還期限猶予願

学生の時に日本学生支援機構から

奨学金を借りて授業料などを助けてもらい

社会人になって返還しているけど

ワーキングホリデーや留学で

日本から長く離れるから

返還が困難になる方。

日本学生支援機構

奨学金返還期限猶予願を提出すれば

返還をストップできます。

渡航前に奨学金返還期限猶予願の

手続きを済ませておきましょう!!
f:id:lina2:20170721233243j:image

大まかな流れは

日本学生支援機構のホームページから

奨学金返還期限猶予願&チェックシート」を印刷

→記入

日本学生支援機構に送付

→承認されるのを待つだけ。

 

奨学金返還期限猶予願&チェックシート」

は表面裏面になっていて

家庭用のプリンターで印刷すると

合計で4枚出てくる。

留学はもちろんワーキングホリデーでも

安定した収入を得られるかわからない為

なぜ猶予を願い出るのかという欄には

“経済困難”にチェックをいれる。

そして理由を詳しく記入。

 

【事情】

○年○月よりフィリピンにて留学し

○月○日よりワーキングホリデーで

オーストラリアへ行きます。

その期間中は未収入

または安定した収入を得られない為

奨学金の返還が困難になります。

そのため奨学金の猶予をお願い致します。

 

【返還目途】

ワーキングホリデーで

オーストラリアに行った際、

安定した収入を得られるようになれば

返還を再開します。

もし返還が困難な場合には

猶予を延長する可能性がありますが、

その時は帰国した際に

すぐ返還を再開致します。

 

内容を詳しく説明することと

将来の返還の意志を強く伝えることがポイント。

返還をストップしたい月の

3ヶ月前から申請が可能。

私の場合、申請して承認の通知が届くまでに

20日ほどかかった。

そして申請書類に不備や記入漏れがある

可能性もあるので余裕を持って提出しましょう。

 

しかし奨学金返還期限猶予願は

1度の申請で最長1年間(12ヶ月)の

猶予しかもらえない。

その為オーストラリアでのワーキングホリデーで

そのままセカンドビザを取得して

合計2年間滞在する場合などは

再度猶予願の申請が必要となる。

もしちょうど1年で日本に帰ってくる予定の人も

すぐに仕事に就ける保障はなく

帰国後も一時的に

収入がゼロになる人も多いはずなので、

猶予願を延長しておいても損はないと思う。

そこで奨学金返還期限猶予願2年目の申請方法。

1年目と違って日本学生支援機構から

返還再開予定月の4ヶ月前に

登録されている住所へ通知がくる。

例えば2017年1月から

奨学金返還期限猶予願を出した場合、

2017年9月頃に日本学生支援機構から

登録した住所(←日本の)に通知が来る。

2018年1月から返還を再開できるのか?

それとももう少し猶予が欲しいのか?

てゆうような内容の通知。

しかしこの書類は

本人が記入しなければならないので、

通知が来たら家族などに

自分が今住んでいる住所(海外)に

書類を送ってもらわなければならない。

そして自分で記入し、

海外から自分で日本学生支援機構に送る

という形になる。

そのときに海外で働いていたら

3ヶ月分の収入が書いてある

ペイスリップも一緒に添付する。

らしい(笑)

私は2年目の申請はまだやったことがないので、

また後日詳しく記事を更新します。

 

日本学生支援機構に電話をしたら

説明してくれるので、

不安な方は一度問い合わせをしてみてください。

 

この手続きは猶予を貰えるだけで、

返還の免除がされるわけではありません。

返還の期間が後に延びるだけで

予定していたや元金や利子の額は変わりません。

当たり前だけど、

借りたものはしっかり返しましょう。

シャークベイの中心の街デナム!

デナム(Denham)には

車で船を引っ張っている観光客がたくさん訪れる。

沖合では大きな鯛など

いろいろな魚が釣れるようだ。

しかし船を持っていない私たちは

釣りがしたくても陸から釣るしかない。

そこで私たちが目をつけたのはイカ釣り。

なぜなら桟橋に大量のイカの墨の跡が

あったからだ。

竿にエギと呼ばれる

イカ用のルアーを付けて投げてみる。

ペニー夫妻はバッセルトンで

いつもイカ釣りを楽しんでいたようで、

イカ釣り歴は長い。

私はもちろん初めての挑戦だ。

しかし全く釣れない。

そもそも釣りをしている人が全くいない。

私たちは一旦諦めて

夜にもう一度戻って来ることにした。

 

夜になって桟橋に戻ってきたらビックリ。

たくさんの釣り人がいた。

しかもみんなエギを付けてイカ狙いだ。

夜の桟橋には外灯が灯され

その光にイカがたくさん集まって来るようだ。

そして綺麗な海なので夜でも

イカがエギを追ってくるのが見えて

とても面白い。

初心者の私でもイカを釣ることができた。

デナムのメインストリートにある

桟橋は合計で3つ。

全て100m以内くらいに近くにあるので

徒歩で回れる。

1番東にある綺麗な桟橋は

あまりイカが釣れていなかったようだ。


f:id:lina2:20170717084858j:image

桟橋では季節によって

昼間にも大きな魚が釣れるらしい。

みなさんもデナムで暇つぶしに

イカ釣りや魚釣りを楽しんでみては?

 

私たちは釣りをしたり牡蠣取りに行ったり

デナムではのんびりと過ごした。

シャークベイ名残惜しさに

帰りにもシェルビーチと

ハミルンプールに寄ってカナーボンへ帰った。

 

私にとってオーストラリアに来て

初めての長期旅行。

オーストラリアに住んでいる時点で

何もかも物珍しく、

旅行の延長のような生活を

送っていたつもりだった。

しかし国立公園や世界遺産を見て

本当のオーストラリアらしさを

肌で感じることができた。

どこに行っても

これぞオーストラリア!!!

というような景色ばかりで

本当に大自然に圧倒されっぱなしだった。

この旅行に来て

もっとたくさんオーストラリアの

景色を見てみたいと思った。

ブーストモバイル(BOOST Mobile)リチャージ方法

オーストラリアのプリペイド携帯は

アプリから簡単にリチャージすることができる。

しかし私の持っている携帯では

ブーストのアプリをダウンロードすることが

できないので、

私はいつもスーパーに行って

リチャージしている。

その方法を紹介しようと思う。

 

スーパーでのリチャージは

ブーストだけでなく

他の携帯キャリアでも簡単にすることができる。

そしてスーパーでのリチャージ方法は3つある。

 

まずは

プリペイドカードの購入。

iTunesカードやGooglePlayカードみたいに

商品として並んでいるカードから

キャリアや値段を選んで購入する方法。

ブーストのカードは「Reboost card」

と言われるカードが売っている。

らしい。(←うちのタウンにある

唯一のWoolworthsには売ってないから

確認できない笑)

 

次に

インフォメーションで購入。

スーパーのインフォメーションに行って

「リチャージしたい!」って言ったら、 

どこのキャリアか何ドル分か聞かれるから

それ答えたら購入完了。だけwww

 

最後に

ルフレジで購入。

私はいつもこの方法で購入している。

買い物画面に「Recharge」 というボタンがあるので

それを押せば

ブーストやオプタスやテルストラなど

携帯キャリアを選ぶ画面に切り替わる。

そして自分のキャリアを選択したら

プランが出てくるので

40ドルのが良ければ40ドルを選択。

そうすれば他の買い物と一緒に

支払いができる。

もちろんリチャージするだけに

ルフレジを使用することも可能だ。

 

そしてインフォメーションで購入するにしても、

ルフレジで購入するにしても、

レシートにリチャージナンバーが

記載されているので

必ず受け取ることを忘れないように←

 

そしてあとはこのレシートの通りに

ボタンを押すだけ。


f:id:lina2:20170715180451j:image


①「#111#」に発信

②1.Recharge

③2.Voucher

④レシートに記載されている12桁の

「Recharge Auth No」を入力して

はい。終わり。

もしリチャージできたか不安なら

2.Balance

から確認できる。

 

「#111#」このナンバーはリチャージ以外にも

自分の通信量の残量や

リチャージした日にちの履歴などを

確認することができる。

f:id:lina2:20170715201500j:image

 

西オーストラリア!モンキーマイア観光!

西オーストラリアのシャークベイ(shark bay)

にあるモンキーマイア(Monkey Mia)は

自然のイルカがビーチにやってくると有名で

朝からたくさんの観光客が

ビーチに訪れる。

ビーチにやってきたイルカに

毎日3回エサをあげるのだが、

エサを食べに来る時間はイルカ次第。

そして自然のイルカなので

1日に3回エサをあげたら、

それ以上はエサをあげることはない。

そしてその3度のお食事タイムは

ほぼ午前中で終了する。

 

 

そして自然のイルカなので

いくら待っていても

ビーチに来ない日だってある。

でもそれは年に数日らしいので

確率的に365分の3くらい(笑)

なので高確率で1日に1度は姿を現す。

それでも1日に1度しか来ない日もあるので

とにかく朝早く行くことをおすすめする。

 

私たちは朝8時頃にモンキーマイアへ到着した。

到着した時には物凄い数の観光客がいた。

そして私たちが到着した時には

もう1匹のイルカが遠くの方に見えていた。

「すご~い!イルカ来たよ~!」と

どんどんイルカはビーチに近づいてきて

みんなの足元までやってきた。

観光客の興奮は最高潮に。

そしてイルカはこちらに顔を覗かせた。


f:id:lina2:20170715154159j:image 

「わあぁぁぁ~・・・・」


f:id:lina2:20170715154240j:image

「え?・・・キモくない?笑」

「なんか目・・・怖くない?笑」

いやいや自然のイルカだけど

一芸覚えている。

そして係員のお姉さんが海に入って

観光客に向けて説明を始めた。

コチラに顔を覗かせた彼の名はパック

説明している間もパックはお姉さんの足に

スリスリしながら泳いでいる(笑)

自然のイルカと言いながらも人に慣れすぎている。

お姉さんの説明は約20分ほど。

その間にぞくぞくと他のイルカたちもやってきた。

f:id:lina2:20170715155127j:image

"〇〇ファミリーが来ましたよ~"

なんてお姉さんは背びれ見たら

どのイルカか判断できるらしい。

お姉さんの長い説明が終わって

最後には選ばれしお客さんが

イルカにエサをあげることができる。

私はお姉さんに頑張ってアピールしたが

選ばれることはなかった。

そして後に子供と老人とカップルが

選ばれる確率が高いと知ることになる(笑) 

エサを食べ終わるとサッサと帰って行く

イルカたち。

私たちは2回目も見ることにして

時間潰しにお土産でも見に行こうと

オフィスの辺をウロウロしていた。

そしたらなんとすぐに1匹のイルカが

ビーチに姿を現したのだ。

ビーチに近づいて見たら


f:id:lina2:20170715155159j:image

…パック。

いや、絶対沖に帰るふりしただけで

タッチして戻って来ただけやん(笑)

しかもめっちゃ悪そうな顔をしている。

お姉さんも「もぅ来ちゃったの~」と言いながら

来てしまったからには仕方ないので

またすぐエサをあげる前の説明が開始された。

2回目は観光客がグッと減る。

半分以下に減る。

なので1回目で近くで見ることができなかった人は

2回目も見ることをお勧めする。

 

お姉さんが説明をしていると

またぞくぞくと他のイルカたちが集まってきた。

相変わらずパックだけはお姉さんの足に

スリスリ(笑)

またイルカたちはエサを貰うと

サッサとビーチから去って行った。

 

ここまで来たなら3回目も見ようということで、

私たちはビーチ沿いにあるカフェへ。

そうしていると何か大きなものが

歩いている。


f:id:lina2:20170715154714j:image

なんとエミューだ。

全く人を怖がることなく

人の間を堂々と歩いている。

もはやこっちが怖い。

こんな大きな鳥がウロウロしているなんて

ほんとオーストラリアらしい光景だ。

 

そして待つこと約1時間。

1匹のイルカが姿を現した。

本日最後のお食事タイムだ。

この時にはもう観光客は数人。

そしてビーチにやってきたイルカは…


f:id:lina2:20170715154720j:image

もちろんパックだ(笑)

パックは人間に媚び売って、

狩りもせずに

お食事タイムに頼りきっている気がする。

こうすれば喜ぶでしょ?と

いつものように顔を覗かせる(笑)

なんてヤツだ。

 

帰り道にオフィスの表を確認したら

パックは毎日3食ビーチに訪れて

皆勤賞だったのだ(笑)

f:id:lina2:20170715160809j:image

こちらはオフィスに置かれている表で、

1週間の間にどのイルカが来たのか、

何時に来たのか、

観光客は何人来たのかなど記載されている。

 

私のモンキーマイアの思い出は

ほぼパックに持っていかれた。

後に知ったが

モンキーマイアのパンフレットや

みんなが上げているSNSなど

とにかくどの写真もパックだらけだ。

と言うことで皆さんもぜひ

モンキーマイアへ

パックに会いに行ってほしい。

 

※モンキーマイアはパック以外にも

たくさんのイルカや

エミューペリカン、ウミガメなど

見ることができ、

海もとても綺麗で

ゆっくりとできるビーチリゾートです。

 
f:id:lina2:20170715155245j:image
f:id:lina2:20170715155314j:image

 

 

その他シャークベイ、カルバリー観光

についての記事はコチラ↓

 

 西オーストラリア!カルバリー観光! - ワーホリアルLife

西オーストラリア!シャークベイ観光! - ワーホリアルLife

 

 

オーストラリアの携帯キャリアBOOST Mobileを使ってみた

私が使っているオーストラリアの携帯キャリア

ブーストモバイル(BOOST Mobile)について

説明しようと思う。

元々オプタスの携帯を持っていた私は

引っ越し先のファームが

オプタス圏外だった為に

携帯のキャリアをテルストラに

変えなければならなくなった。

詳しくはコチラの記事へ↓

lina2.hatenablog.com

 

 

そして私はタウンに携帯ショップがなかったので、

様々な携帯を扱っている

電気屋さんのような店に行った。

そこで店員さんに事情を説明して、

進められて購入したSIMカード

ブーストモバイルと言う会社のものだ。


f:id:lina2:20170708154317j:image

 

そして店員さんに進められるがまま

オッケ〜安くて電波に問題ないなら

これ買っちゃうよ〜

なんてとりあえずブーストモバイルの

SIMカードを購入(笑)

 

ブーストモバイルは

テルストラと同じ電波回線を使っているので

電波状態に関してはテルストラと全く同じ。

移動先の家でも問題なく電波は届いた。

そして月額の値段が

大手キャリアに比べて格段に安い。

住む家にWi-Fiがない

私にとって通信料が安ければ安いものがよかった。
f:id:lina2:20170708152430j:image
プランは4種類。

 

28日間有効のプリペイドカードで

30ドルのプラン

3GB anytime+1GB everyweekend=7GB/28日

40ドルのプラン

5GB anytime+1GB everyweekend=9GB/28日

 などなど。

通話とメッセージはもちろん無制限。

そしてなんと一部海外への通話も無料。

韓国あるけど日本ない(笑)

この感じだと日本への通話も

近いうちに無料になりそうな気もするけど。

(weekendの仕組みについては後ほど)

 

ちなみに前回使っていたオプタスは

30ドルで3GBだった。

なんだこの差は。同じ値段で通信量が倍以上違う。

安すぎる。

しかしこんなに安い訳にも事情あり。

2つの事情あり←


事情1つめ!

通信量が余ってしまっても繰り越しがない!

オプタスやテルストラの場合は

28日以内に通信量が使えきれず

余ってしまった場合、

次回に繰り越すことができる。

もし"今回5GB買ったけど2GB余っちゃった!"

って場合には余った分の2GBが

次回に繰り越されて、

リチャージした分の通信量に加算される。

しかしこのシステムがブーストにはないのだ。

もし通信量が余ってしまっても、

期限が来れば消滅してしまう。

次回に繰り越されることはない。

 


事情2つめ!

謎のweekendシステム(笑)

ブーストで特徴的なのがこのシステム。

例えば30ドルのプラン

 

30ドル

3GB anytime+1GB everyweekend=7GB/28日

f:id:lina2:20170708154639j:image
f:id:lina2:20170708155247j:image

 

内訳が3GB anytime(いつでも使える3GBです)

それにオマケして

1GB everyweekend(毎週末には1GBあげますよ)

となっている。

プリペイドカードは28日間有効だから

1度リチャージしたら

その間に4回の週末がやってきますよね。

なので週末分は合計したら4GB。

それにanytimeの3GBを足せば

実質28日間に7GB使えるということ。

 

週末に1Gづつ貰える訳なんですが、

重要なポイントが

金曜日21:00〜日曜日23:59までの間だけしか

週末の1GBは使えません!!

ってこと。

毎週金曜日の21:00に1GBは貰えます。

が、しかし!

anytimeに加算されるわけではない。

もし金曜日に貰った

1GBを日曜日の23:59までに使い切れなかったら、

月曜には繰り越されずに消滅。

逆に日曜の23:59までに週末の1GBを使い切ったら、

それ以降の通信量はanytimeの通信量から

引かれてく。という事です。


f:id:lina2:20170711232049j:image

簡単にanytimeの残りの通信量、

weekendの残りの通信量は

確認するとこができる。

ちなみに平日(月曜0:00〜金曜20:59)は

もちろんweekendの所の表記はない。

1GBなんて動画とか見続けたり

長い時間テレビ電話とかしない限り

2日間では簡単に使いきれない通信量けど。

 

そんなことでブーストモバイルの

説明をさせて頂きましたが、

とにかく毎月物凄い通信量が必要なんだ

って人にはおすすめ!

大手キャリアに比べて格段に安いし。

私みたいにWi-Fiがない人にもってこい。

そして田舎行く予定の人。

田舎はシェアハウスにも

タウンにもWi-Fiなかったりするので←

まぁベストはWi-Fiがない環境で

週末休みの仕事に就いている人だな(笑)

 

 

他にもオーストラリアの携帯キャリアは

大手3社以外にもたくさんあります。

たくさんの情報を集めて、比較して、

自分のニーズに合った携帯キャリアを選びましょう!

オーストラリアで携帯キャリアをOptusからBOOSTにを移行したワケ

オーストラリアに来てまず手に入れたいのが

オーストラリアの携帯の電話番号!

しかしどのキャリアにすればいいのか

わからな〜い。

と言う方はオーストラリアの携帯キャリアについて

詳しく書かれている

他のブログを参考にしてみて!!(丸投げ)

軽くまとめるとオーストラリアの

大手キャリアは

Telstra(テルストラ)

Optus(オプタス)

Vodafone(ヴォーダフォン)の3つ。

その中でいくつかのブログを読むと

テルストラかオプタスの

2択になりましたよね?笑


f:id:lina2:20170706152414j:image

「テルストラは電波の範囲が広いが

料金が少し高い」

「オプタスは電波の範囲が狭いが

料金が少し安い」

と言うことらしい。


私はオーストラリアに来て

初めに使った携帯キャリアはオプタス。

なぜ私がオプタスを選んだかと言うと

"ワーキングホリデーに人気なのはオプタス!"

って誰かのブログ記事に

書いてあったから。←だけ

でも買ってからすぐに後悔してたんだ。

なんせシェアハウスにはWi-Fiがあって

ほとんど通信量を使わなくて

月額の携帯料金が物凄く安く済んでいたから。

この通信量ならどっちにしろ安いから

少々高くても電波の良いテルストラに

しておいてもよかったのかな〜と。

あと家の中とかでも

オプタスは電波が少し悪かったので。

 

そんなことを思っているうちに

私はオプタスを使い始めて1ヶ月半で

携帯キャリアをオプタスから

変更しなければならない状況に陥った。

それはなぜかというと

ファームの仕事が見つかって

ファームステイをすることになって、

その滞在先がなんと

オプタス圏外…( ゚д゚)

そのうえWi-Fiもなし…( ゚д゚)

テルストラなら電波は拾えていたので

携帯キャリアを変えなければならなかった。

しかし私は以前に携帯本体も

オプタス専用のプリペイド携帯を

買ってしまっていたから、

本体も新しいものを購入するハメに…無駄な出費。

忠告するけど

ほんの少しでも田舎に行く可能性がある人は

オプタスはやめときな(笑)

車で走れば一目瞭然。

オプタスは街から離れたら

すぐに圏外になるから。

そしてキャリア専用のプリペイド携帯とか

買わないほうがいいよ。

いつ何があってキャリアを変えるかわからないし、

ケチって130ドルの安いプリペイド携帯を買ったら

画面の反応めっちゃ悪いし。(←自己責任w)

あと日本に持ち帰っても使えるし、

もしいらなくなっても売れるし。

ケチらずSIMフリーを買うことをおすすめするよ。

 

てなことで今回は奮発して

SIMフリー携帯に買い換えた!

と言ってもサムスンのGALAXYを

230ドルで購入。安い。

カメラの画質はiPhoneXperiaには劣るけど、

他はなんの問題もなくサクサク使える。

 

ということで私は携帯キャリアを

オプタス(Optus)から

テルストラ回線である

ブーストモバイル(BOOST Mobile)に

変えることになった。

 

その経緯やブーストモバイルについての

記事はこちら↓

オーストラリアの携帯キャリアBOOST Mobileを使ってみた - ワーホリアルLife

 

西オーストラリア!シャークベイ観光!

カルバリー観光を終えて

次に私たちが向かったのは

デナム(Denham)という街。

デナムとはシャークベイ(Shake Bay)という

西オーストラリアで

最初に世界遺産に登録された地域の中心にある街だ。

シャークベイにはハメリンプール、

シェルビーチ、モンキーマイアなど

世界でも珍しいものが見られる観光名所が

点在している。

カルバリーからデナムまでは

車で約4時間かけて行くことができる。

 

まず初めに私たちが寄った場所が

ハメリンプール(Hamelin Pool)

ここで見ることができるのは

ストロマトライトと言われる世界最古の生物だ。
f:id:lina2:20170705183850j:image

しかしまず驚いたのは海の綺麗さ。

いや〜ほんと綺麗すぎる。キラキラ。

しかし海の綺麗にも負けず劣らずの

素晴らしい歴史を持っているのが

このストロマトライト(岩みたいなやつ)。

この生物は約35億年前から生息し、

1年に約0.3mm~0.5mmずつ成長しながら

現在のこの姿になったと言われている。

そしてなんと生きている

ストロマトライトを見ることができるのは

世界中でもここだけ!!!!

ここだけだよ!!!!!


f:id:lina2:20170705183939j:image

見かけはただの岩だけど

この生物から地球の酸素作りが始まったと考えると

レベルが高すぎて言葉にならない。

もし干潮ならば水からむき出しの

ストロマトライトを見ることができる。

また風のない干潮じゃない時間がなら

綺麗な海が見れる。
f:id:lina2:20170705184626j:image

 

 

続いては

シェルビーチ(Shell beach)

名前の通りここのビーチはなんと

ビーチが砂でなはなく

全て貝殻でできている!
f:id:lina2:20170705184815j:image

100kmも続くビーチは

全て貝殻が蓄積されてできていて、

なんと深さ10mまで貝殻らしい。

こんな素敵なビーチが見られるのはなんと

世界で2か所だけ!!!たった2ヶ所だけ!!!!

ず~っと遠くまで続く真っ白な砂浜。…貝浜。

そしてこちらも文句なしの綺麗な海。
f:id:lina2:20170705184846j:image
f:id:lina2:20170705184907j:image

いや〜こんな素敵なビーチを

素敵な彼と素敵な貝殻を

探しながらお散歩とかしたいねぇ〜…

貝殻で下からの照り返しもすごいので

しっかり日焼け止めを塗って行きましょう。

 

そして私たちは宿泊先デナムに到着した。

地図を見て頂くとわかるが、

ハイウェイからデナムに行くまでに

ハミリンプールとシェルビーチがある。

ハイウェイを外れてから約30分でハミリンプール、

そこか約30分でシェルビーチ、

そこから更に約30分でデナムに到着する。

 

私たちが宿泊したのがこちら↓

「Denham Seaside Tourist Village」

http://www.Denham.com/ Seaside Tourist VillageDenham Seaside Caravan Park, 1 Stella Rowley Dr, Denham WA 6537(08) 9948 1242http://maps.google.com/?cid=4690950154919977416&hl=ja&gl=jp

 

このキャラバンパークは目の前にビーチがあり、

まるでリゾート地の高級ホテル的な立地条件。

バスルームもさっぱりしていて

キッチンも綺麗だった。

だが1つだけ問題がある。

水道やシャワーが塩水( ゚д゚)

しかしこれはデナムにある

キャラバンパーク全てに共通するから仕方ない。

そんなことを忘れて朝寝ぼけたまま

歯磨きしてうがいをした日には

びっくりするほどマズくて噴き出す。

ので気をつけましょう。

  

そして私たちは翌日

自然のイルカがビーチにやってくる

モンキーマイアへ出かけた。

 

モンキーマイアの記事はコチラ↓

 西オーストラリア!モンキーマイア観光! - ワーホリアルLife