ワーホリアルLife

ワーホリアルLife

人に進められてオーストラリアにワーホリ来たら…どうにかなってるって話。

メルボルンでおすすめしないバックパッカーその1

私がメルボルンで泊まった

バックパッカーを紹介する。

 

「Nate's Place Backpackers」

サザンクロス駅から徒歩10分。

トラムが近くを走っていないので

スーツケースを持ちながらの移動は大変だったし

街に出るのも少し不便だった。

サザンクロス駅方面から来た場合、

住所の建物を過ぎて左を覗けば

写真の看板が目印。

f:id:lina2:20171210223632j:plain

1階がレストランになっていて

階段を登るとフロントが2階にある。

 

ここにはエレベーターがなくて、

最大で4階まで荷物を運ばなければならない。

もしタイミングよく男性が通りかかれば

親切に運んでくれる(はず)。

あ、男性は自分で運び上げて下さい←

 

数年前にこのバッパーはリニューアルされたらしく

ベッドの布団やロッカーはとても新しい物だった。

部屋や廊下も掃除が行き届いていて

さっぱりしていた。

私が選んだのは女4人部屋。

部屋は広く荷物を置くスペースも十分にある。

 

 

f:id:lina2:20171210224438j:plain

f:id:lina2:20171210224607j:plain

キッチンも夜のピーク時間以外は

綺麗に片付いている。

ただ宿泊者に対してキッチンが少し狭いようで、

机が全て埋まっていることがあった。

 

Wi-Fiのスピードはそんなに速くないが使える。

私はちょうどシェアハウスや

仕事を調べまくっていた時期なので

イライラするのが嫌で図書館へ行っていた。

 

毎朝、朝食が出て来る。

コーンフレーク、パン、

牛乳、コーヒー等が机に並べられ、

自由に食べることができる。

毎週水曜日はパンケーキの日で

スタッフが朝からパンケーキを焼いてくれる。

 

夜は不定期にフリーBBQの日があって

私の滞在した数日間でBBQは2度開催された。

ただ知らせられた時間の

丁度に行っても料理がまだできてないし、

料理ができて少し経ってから向かうと

全て食べられている。

 

シャワー室も綺麗だった。

しかし私が泊まっていた階には

女性用シャワーが2つしかなく

朝や晩は2つとも使われていることが多々あった。

 

f:id:lina2:20171210224737j:plain

 

ここのバッパーの難点は

キッチンの消灯時間等の規制がなく

毎晩のようにパーティー的なものが

開催されていたことだ(笑)

9時を過ぎる爆音で音楽が流れだす。

ヨーロピアンたちがワイワイお酒を飲んでいた。

大学生のように一気飲みゲームをよくしていた。

私が夜中に飲み物を取りに行ったときには

キッチンの電気が消えていて男女がイチャイチャ。

まるでクラブ状態になっていた(笑)

 

キッチンは4階で私の部屋は3階なのに

ズンズン音楽はうるさいし、叫び声もよく聞こえた。

 

このバッパーに来たときから

極端にアジア人が少ないとは思っていたが

理由が何故なのかよくわかった←

 

 

 

バッパーにしては本当に綺麗。

ただうるさいのが問題なだけ(笑)

 

私はうるさいのと

他のバッパーにも興味があったので

数日間滞在して別のところに移動した。

 

引っ越したシェアハウスがカオス

私はメルボルンでシェアハウスを見つけて

バッパーから引っ越しすることになった。

 

部屋探しの記事はコチラ↓

lina2.hatenablog.com

 

4件のインスペ(見学)に行って

部屋探しがめんどくさくなって

その中から決定した。

 

その部屋自体はあまり覚えてなかったけど

プール・ジム付き、

シェアハウスに日本人がいない、

家賃が他に比べて格段に安い

ということで決めた。

(実は第一候補は誰かに取られたのでここは第二候補)

 

 

そして引っ越し当日を迎えた。

f:id:lina2:20171209223851j:plain

私の引っ越し先は10階。

シェアハウスには同室のコロンビアの女の子、

マスタールームに韓国人とオージーのカップル、

リビングに2人の韓国人の男の子、

合計5人の人が住んでいる。

一軒家にしか住んだことなかったので

ビルに住むってだけでワクワクしていた。

 

 

しかし私は家に到着するなり愕然とした。

 

 

なんと…

 

 


シェアハウスが汚すぎる(笑)

 


リビングの机やキッチンには

ケチャップとかソースとか

色んなタレが拭き取られずに放置。

台を拭くタオルは臭い。

排水溝には生ごみが詰まっている。

床は玉ねぎの皮や食べカスが散乱。

食器置き場は食器が溢れていて、

冷蔵庫やレンジの上には

タッパーなどが積み上げられている。

リビングの床は目に見えるほどの

チリ(ゴミ)だらけ。

壊れた洗濯機や棚もなぜか放置されている。

入り口の鍵は壊れているのか半ドア状態で

誰でも侵入可能状態。

風呂の壁はカビが目立ち

床にはチリチリした毛が落ちている←

更に私の部屋は、

机に山積みになるように荷物が置いていて、

床には大量の靴。

コーンフレークもあちこちにパラパラ(笑)

ベッドには食べかけのパン。

まぁ部屋に関してはその人の陣地が汚いだけで、

私には危害はないので問題ないけど。

(↑もしゴキブリが出現したらまた別の話になってくるが)

 

 

もぅ言い出したらきりが無いけど

 


このシェアハウスはカオス!!!( ゚д゚)


"カオス"とか普段使わないけど

使うならまさに今だと思う。 

 

 


まじでうちのシェアハウス

カオス状態です!!!!!!

 

Chaos!!!!!

 

 

いや本当に引っ越して来て早々

こんなとこに住めない!と感じた。

でもボンドも払っているので

最低でも定められた2ヶ月間は

住まなければならない。

 


まぁね。わかってるんですよ。

それを確認するための

インスペなのはわかっているの。

いやでもインスペ初心者だったし。

英語話せないから英語環境がよかったし。

家賃安かったし。

何より部屋探すのめんどくさかったし。(←原因コレ)

 

と言うことで!

こんなカオスな家には住めないので

私は本気で掃除をすることに決めた。

毎日コツコツとにかく必死に掃除をした。

  

風呂場はブリーチをブチまいてカビを除去した。 

大量に置かれたシャンプー類を全て出して床に並べ

「自分の物は自分の場所へ戻して下さい!!!」

と張り紙をしておいた。

そうしたら7割以上がゴミだった。

そう。今まで住んでた人が退去時に

放置していったものばかりだったのだ。

 

キッチン台にぐちゃぐちゃに出されていた

皿や鍋やタッパーなどを全て棚に片付けた。

パンパンの冷蔵庫は

シェアメイトにも協力してもらって

「これ誰の〜?」

と確認しながら要らない物を捨てた。

そうしたら約半分がゴミで

冷蔵庫には約半分ものスペースが空いた。

 

 

少しでも綺麗な家に住みたかった。

私は潔癖ではない。

友達の中でも部屋は汚い方。

と言うより部屋汚いとよく言われる方(-_-)←

そう。むしろガサツ人間。

でも住むには最低ラインはある。

とにかくここは私的に

住むにも厳しいレベルの汚さだったのだ。

 

 

 

うん。

 

 

ちょっとヒートアップして

今回は愚痴ブログになってしまったが、

(ちょっとスッキリした)

とりあえず私が

やべぇシェアハウスに住んでいることは

わかってもらえただろう。

 


ここに住んでいる人たちは

机拭かないし、洗い物置きっぱなしだし、

風呂上がりは床がビタビタだけど、

とても優しくて良い人たち←

片言の私に対して全く嫌な顔せず

ゆっくり話を聞いてくれるし、

毎日話しかけて来てくれる。

美味しい韓国料理作ってくれる。

掃除したら褒めてくれる(笑)

影では"クリーナー"と言うあだ名を

付けられているかもしれないけど(-_-)

 


とりあえずクリーナー小松のおかげで

このシェアハウスを

住める最低ラインのギリギリ上

まで持ってこれたので、ほんとよかった。

もちろんまだ汚いけど。

2ヶ月でここは出ていくかもしれないけど

とりあえず当分ここのシェアハウスで

暮らして行くことになる。 

 

 

 

これからオーストラリアで

部屋を探そうとしている方へアドバイス

めんどくさがらず、安さにとらわれず、

たくさんインスぺに行って

隅々までしっかり見て

じっくり考えて決めましょう(笑)

 

 

人生初めての部屋探しinオーストラリア

私はメルボルンに来てから部屋探しを始めた。

パースで暮らしていた家は

フリーアコモデーション

(↑お手伝いすれば無料で住めるところ)で、

カナーボンで暮らしていたところは

ファームのボスの家の一角。

 

そう。私はメルボルンに来て

人生初の部屋探しをすることとなった。

と言っても日本みたいに

契約して家を借りる訳ではない。

日本ではあまり馴染みがない

シェアハウスを探すことになる。

 

シェアハウス探の一連の流れは、

インターネットで物件を調べて

気になった家のオーナーに連絡して

物件の見学させてもらって

住むどうか決める

といった流れだ。

不動産屋さんも挟まず

オーナーと個人との契約で

住む家を貸したり借りたりするのが

日本では考えられない。

 

まずシェアハウスを調べ始めて

驚いたのが部屋のレント(家賃)が高すぎること。

1部屋にダブルベッド2台(4人部屋)で

一週間$160(約13,500円)とか( ゚д゚)

高すぎるだろ。

そしてバスルームやキッチンは6人〜8人共同。

それで月々の家賃約54,000円になる( ゚д゚) 

いやいやうちの地元(日本)だと

2DK風呂トイレ別、駐車所付きの

アパート借りれちゃうよ(笑)

以前カナーボンで暮らしていたところが

オウンルーム(1人部屋)で

専用のキッチンやテレビが付いて

100ドルだったこともあり、

私にはかなり高く感じた。

 

なので…

とにかく安い物件を

片っ端から検索!!!

なんかよくわからないけど

とりあえず家賃安いところに絞って連絡して

見学に行くことにしてみた。

 

初めてのインスペクション

(=部屋を見学に行くこと)。

略してインスペ。

 

初めて行った家はなんと

超高層マンションの50階。

ドアを開けば

メルボルンの天下を取ったような

景色が見れるの部屋だった。

でもその家には6人の人が住んでいた。

こんなメルボルンの天下とった人にしか

住めないような素敵な家に

数人が共同生活生活していると思うと

なんだか複雑な気持ちになった(笑)

他にも郊外の一軒家を見に行ったり、

市街(CBD)のど真ん中のマンションを

見に行ったり、

合計4件のインスペに回った。

でも4件目でもうアポとってインスペ行くのが

めんどくさくなって(←私の悪い所)

4件の中から決めることにした。

 

そして私が決めたのは、

市街にあるマンションで

多国籍で日本人がいない家。

なんと言っても決め手は値段。

一週間のレントが$140。

市街でツインの部屋だと

安くても$150〜しか見つからないので

かなり破格な値段だった。

 そんなことで私はこの部屋に決めた。

とりあえずこれから

メルボルンで住んでいく部屋が決まって

一安心だった。

 

 

 

 

 

 

その選択が後に
後悔することになるとは知らずに…

 


f:id:lina2:20171208222051j:image

ハンバーガーが似合う女になりつつある

コリンズストリート(Collins St)沿いにある

アメリカンなハンバーガー屋さん

「Royal Stacks」

メルボルンでランチをするようなお店は

店内がパッと明るい所が多いが

この店は薄暗くて低音が響く音楽が流れ

雰囲気はシックで洒落た感じ。

f:id:lina2:20171202171435j:plain

f:id:lina2:20171202171549j:plain

広くてゆったりとした店内。

私が頼んだのはシングルシャックスとポテト。

f:id:lina2:20171202171726j:plain

めっちゃかわいーい。

可愛さだけじゃなく味もうまい。

トマト、ピクルス、レタス、

ハンバーグ、チーズという

とてもシンプルな具材。

けどうまい。

とにかく肉がうまい。

美味しいハンバーガー屋さんって…

肉がうまーーーーい!!(しつこい)

ハンバーガー自体のサイズは

そんなに大きくなくて、

日本人にとってはいいくらいのサイズ。

ポテトはマックタイプ。

細くてカリカリ。塩加減もいい感じ。

ポテトのサイズが選べるのだが、

レギュラーで十分な量が入っている。

 

 

ファーストフード…最高だね。

 

 

 

最近は日本でもハンバーガーがブームで、

アメリカからたくさんの

ハンバーガー屋さんが上陸してきている。

私も日本でハンバーガーを食べる機会が

増えたんだが、

私はシェイクシャックが東京に上陸して

食べに行ったとき、

美味しくて感動したことを覚えている。

まぁ今までマクドナルドとかの

ハンバーガーしか食べたことなかったから、

ハンバーガーを心から美味しいと思ったことが

あまりなかったからかも。マクドナルドも好きです

 

他にもメルボルン市内を歩いていると

ハンバーガー屋さんをよく見かける。

いくつか気になる店があるから

また行けるといいな〜。

 

 

このままだと・・・

 

 


"メルボルン市内の

おいしいもの食べ尽す!"

 

的な食レポブログになりそう(笑)

こうやってオーストラリアに

ワーキングホリデー来た女は太るんだろな〜

なんて思いながら

いつも美味しそうな店調べてる←

 

これからもメルボルン市内の

おすすめレストラン

どんどん紹介していきます。

隠れ家でベーグル食べる

いい感じの朝食を食べたくなり

近くにいいお店はないかと調べて

たどり着いたのがこちら。

 

 「Schmucks Bagels」 

ベーグル屋さん。

リトルバークストリート(Little Bourke St)から

少し入ったところにあるお店で、

ロンズデールストリート(Lonsdale St)からも

来ることができる。

どちらにせよわかりずらい位置にある(笑)

なぜなら高層ビルが立ち並ぶ

オフィス街の隙間にお店があるからだ。

 

f:id:lina2:20171202163753j:plain※わかりずらいけど左奥の黒い看板が目印(笑)

f:id:lina2:20171202162829j:plain

 

わかりづらい場所にあるものの

お店には何人かの人がベーグルを食べたり

のんびりとコーヒー飲んでいた。

 

f:id:lina2:20171202163032j:plain

f:id:lina2:20171202163129j:plain

私が頼んだのは

BEBB($8)とカプチーノ($3.5)。

値段のわりにボリューミーなベーグル。

 

f:id:lina2:20171202164440j:plain

ベーグルの外はサックリで

中はふんわりとても美味しい。

そして間に挟まれたベーコンが

ジューーーーシーーーーー。

文句なし。

 

 

メルボルンのシティーにある店で

野外でご飯を食べていると

たくさんの人が行き来して落ち着かないが、

ここはビルとビルの隙間。

f:id:lina2:20171202164619j:plain

横を歩いて行く人もいないので

外なのにゆっくり食事ができる

隠れ家のようなお店だった。

 

 家から近いしまた来よ~っと。 

初の大移動!メルボルンに到着!

私はカナーボンから

シンガポールや香港や日本を経由し

ついにメルボルンに到着した!

 

めるぼるーーーん\(^o^)/

 

f:id:lina2:20171129222928j:plain

f:id:lina2:20171129223433j:plainf:id:lina2:20171129224454j:plain

f:id:lina2:20171129224629j:plain

f:id:lina2:20171129224953j:plain

f:id:lina2:20171129225210j:plain

噂に聞いていたとおり

メルボルンはめっちゃ素敵な街だった。

まだまだ載せたい写真腐るほどある(笑)

西洋らしい建物が多くて

とにかくおしゃれ。

街の至る所にカフェがあって

みんなゆっくりコーヒーを楽しんでいる。

 

 

そしてすげぇ都会。

生涯田舎しか住んだことのない私は

高層ビルを見上げながらウロウロ。

ただ街を歩いてみると

予想より街が小さかった。

私の予想していたメルボルン

オーストラリアの第2の都市と言うことで

日本で言う

大阪!そう!Osaka!!!

にあたるから

大阪並みの街並みを想像していた。

しかし、う~ん...

メルボルンの街は

日本で言う名古屋くらいかな?笑

(↑名古屋を馬鹿にしている訳ではありません)

中心街の大きさは縦横2キロくらい。

繁華街は歩いて全部回れる広さだ。

 

 

そして驚いたのが街中がアジア人の多さ!

日本人が多いとか聞いていたけど、

そんなことより

アジア人がとにかく多いことにびっくりした。

街中歩いている人の半分はアジア人。

特に多いのが韓国人。

みんな若いからワーキングホリデーだと思うが、

とても韓国人が多い。

その分、韓国料理のお店も異常に多くて

韓国料理大好きな私にとっては

とてもハッピー!←そこ

 

 

そしてメルボルン寒い。予想以上に寒い。

10月でも最低気温は6℃なんて日もある('Д')

街を歩く人はダウンやコートにブーツにマフラー。

 

そんなこと聞いてねぇよ…笑

 

オーストラリアでは9月から春なので

暖かくなってきていると

(勝手に)予想していた私は

薄着しか持ってきていなかった。

と言っても今から夏になるので

冬服を買うのも勿体無いし、荷物になる。

とりあえずペラペラの春の上着を

2枚着て夏が訪れるまで耐えしのぐことにした。

 

 


私はメルボルン到着直後から

こんな都会に住めるのかな〜と思った。

今までの人生ずっと田舎で暮らしてたし、

この前までド田舎カナーボンに住んでいたし、

私にとってはメルボルン市内は都会すぎて(笑)

到着直後からメルボルン中心部に住むか、

少し離れたところに住むか

悩みどころだった。

 

 

 

 

メルボルンカナーボンと違って

見どころ満載で

ブログで紹介したいところがいっぱい。

ブログの時差が約1ヶ月半くらいあるんだが、

実は既に記事ネタ50くらい溜まっていて

困っている(-_-;)(←私情w)

 

急ピッチで小松頑張ります。

次の滞在先あみだくじで決める

カナーボンでの

ズッキーニの収穫の仕事が終わったので

私は違う地に移動することになった。

 

次の仕事も決まってないし、

オーストラリアのどこにでも引っ越せる状況。

ただ東海岸に行くことは決めていた。

でも行く都市がなかなか決まらない。

そして最終的に決め兼ねて

私はあみだくじで行き先を決めることにした。

 

再び(笑)

 

実は私は日本から初めてオーストラリアに来るときも

あみだくじで行き先を決めた。

どこでもいいんじゃなくて、どこにでも行きたいから。

もしあみだくじして決まった場所を見て

少しでも「ここ嫌だわ〜」って思ったら、

その場所には行かなかったらいいし。

今回もそうゆう意味も込めて

とりあえずあみだくじしてみた。

 (※ケアンズは唯一行きたくなかったので省いていますw

 

 

さぁ!小松の次の滞在先は!!?

 

 

どーーーん。

 

 
f:id:lina2:20171128070637j:image

 

 

決まったぞぉぉお!メルボルン!!!!

小松の次の滞在地は

メルボルーーーーーーン

けってぇぇぇぇぇえぇーい!!!!


メルボルン!!Melbourne!!!めるぼるん!!!

 

 

 

いつかは行きたいと思ってた都市。

ヨーロッパみたいなおしゃれな街並みに

たくさんのカフェ。

・・・それくらいしか知らないけど(笑)

メルボルンなんとなく良いイメージだった。

 


そして6ヶ月間滞在したカナーボンとはお別れ。

カナーボンはド田舎で何もなかったけど…

毎日のように釣りに行って、

毎日のように魚を食べた日々。

毎週水曜のWoolworthsのスペシャルカタログと

土曜日のバーベキューを楽しみに過ごしていた日々。

ペニー夫妻と内容のないくだらない話をしながら

ズッキーニをピッキングしてた日々。

 

 

その中で数々のイベントも発生した。

 

夜の砂浜で車がハマる

息子家族がカナーボンに移住

ズッキーニの値段暴落

ズッキーニがうどんこ病にかかる

畑のど真ん中でパンが1斤発見される

小松の腰ぶっ壊れる

蜂の引っ越しを見守る

Dの意思を継ぐもの現る

唯一の観光地「One Mile Jetty」の封鎖

引き裂かれたジギオとビリエットの恋

 

まぁ内容見てもらったらわかるけど

特に大きな事件もなく

こんなことが事件になるレベルの

生活を過ごしていた。

 

暇だったけどオーストラリアらしい

のんびりとスローライフ的な田舎暮らしができた。

初めの滞在先にしてはとてもいい場所だったと思う。

英語はあまり伸びてないけど、

料理の腕前や釣りの技術、月や星の知識など

英語以外でたくさん学んだことがあった←

 

お世話になったボスや、

共に働いてきた

ペニー夫妻とのお別れは寂しかったけど、

また新しい所に移ることは

私にとって楽しみでもあった。

 

無職で家も決まっていない状態で

知らない人ばかりの知らない街に乗り込む。

日本にいる人にとっては考えられないだろうけど

ワーキングホリデーでオーストラリアに

来ている多くの人が

そこを不安と思わず

楽しみと思える人たちなんだと思う。

 

 

 

 

 

そんなことを言いながら

現在小松はメルボルン

どんな生活を送っているのか?! 

次回のブログからメルボルンに移りまーす!