読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パースからすぐ!ロッキンハム、ペンギンアイランド、バッセルトン日帰り観光

私はバッセルトンへ

広末涼子似の永住者の方を誘って観光に行った。

(以下涼子さん)

涼子さんを含め何人かの永住者に

バッセルトンは行った方がいい!

と言われていて、

私はパースを離れる前にバッセルトンに

どうしても行きたかったのだ。

 

私たちは朝からロッキンハムに向かった。

目当てはペンギンアイランド。

ペンギンアイランドでは自然の

ペンギンやアシカやイルカなどが見れる(らしい)。

島には飼われているペンギンもいるので

私たちは飼われているペンギンの食事の時間と

船の時間を調べて現地に向かった。

船は1時間に1度出ているが

潮が満ちている時は島まで歩いて行くことができる。

私たちが滞在していた時間も水は腰くらいだったので

歩いてペンギンアイランドに行く人を数名見た。

 

島の面積はとても小さくて、ゆっくり回っても

1時間くらいで1周できてしまう。

私が行ったのは少し肌寒い季節だったので

泳いでいる人はいなかった。


f:id:lina2:20170403141430j:image

歩きながら注意深くペンギンがいないか

見ていたが、いなかった。

そもそもいる雰囲気が全くなかった。

ただ綺麗な海を見れてとても満足した。


f:id:lina2:20170403141357j:image
f:id:lina2:20170403171404j:image

そして飼われているペンギンたちの

お食事タイム。

ペンギンの数が少なくて笑った。

日本の動物園や水族館をイメージしていたら

全く違った。
f:id:lina2:20170403141503j:image

餌をあげながら30分ほど

ペンギンや島の説明をしていた。

英語だったのであまり説明を理解できなかったが

ペンギンは夜に来る...らしい。

それは昼間に見れるはずがない(笑) 

 

そして私たちはペンギンアイランドを後にし

ロッキンハムの海沿いでランチを食べた。

ロッキンハムのビーチもとても綺麗だった。
f:id:lina2:20170403141526j:image

 

ロッキンハムを出発してから約2時間
私たちはついにバッセルトンに到着した。
このバッセルトンの桟橋は
千と千尋の神隠しのモデルになったと
言われている。


f:id:lina2:20170403141558j:image

千とカオナシたちが銭婆のところに行くときの
あの電車のシーンだ。

このバッセルトンの桟橋は
先端まで約2キロ。とてつもなく長い。
西オーストラリア州の中で最長の桟橋だ。
私たちはゆっくりと歩き始めた。


f:id:lina2:20170403141715j:image
f:id:lina2:20170403141817j:image

綺麗な海にかかる桟橋。真っ直ぐに進む線路。
なんて素敵な場所なんだ。
是非彼氏と来たい場所だ。

まず彼氏を作らなければ...

 

そしてここでは入場料と別に
追加でお金を払えば電車もにも乗れる。
この電車はとてもゆっくりで
東京の人間の歩くスピードと
変わらないんじゃないか
というくらい遅い(笑)
子連れや老人の利用者が多かった。
f:id:lina2:20170403141731j:image

 

涼子さんが必ず見てほしいと行ったのが
バッセルトンの夕陽。
そして私はバッセルトンの夕陽を見て
私もみんなに言いたい。
絶対に見に行って欲しい。
f:id:lina2:20170403141945j:image
日が沈んで10分後、

空も水面も全てが赤く染まった。
今まで見た夕陽もとても感動したが
この時は格別だった。
泣けてくるくらい綺麗だった。

私はなんて幸せ者なんだ、

めっちゃ贅沢しているな、

オーストラリアに来てよかったと思った←大袈裟

 

時間やお金に余裕がある人はぜひ

少し先にあるマーガレットリバーまで

足を伸ばして欲しい。

そこにはワイナリー、チョコレート工場、

鍾乳洞などがある。

(涼子さんいわく"しかない")

まだパース付近で行っていない観光地が

たくさんあるけど

私はまたいつかパースに帰って来て

みんなで行けたらいいなと思った。

 

帰り道に涼子さんに

今まではたくさんのワーキングホリデーの人を

見送って来たけど、

あまり寂しいと思ったことはない。

もう会わないんだろうなっていつも思っていた。

でも小松がパースを去るのは寂しい。

あと小松とはまたどこかで会える気がするんだ。

 

と言ってくれた。私はとても嬉しかった。

私はまた必ずどこかで再会しましょう

と涼子さんに言った。

この2日後に私は涼子さんに見送られ

パースを去った。